個人事業の開業での融資の準備は密に

キャッシングベスト3

個人事業で融資をして開業した人必見

個人事業を考えている方は0円でも融資が可能ではないかと思っている方いませんか。

なかなか0円から融資をしてくれるところはほとんど難しいのではないでしょうか。本当に個人で事業をやりたいと思ったときには、どのくらいの初期費用がかかりるのか最低見積もりをして検討し、そのためにいくら自分で出費するかということを考えていく必要があります。

やりたい事業があるなら、それを経営している方にどんなものにどれだけ費用がかかるのか聞いて開業の準備をする必要があると思います。また、相談する方がいない場合は商工会議所へ行ってみて相談してはどうでしょうか。

商工会議所へ行って0円で融資を考えたいと行っても難しいと言われるようですが、事業計画書を作成することができるのでそこで開業の関わる費用も明確になって準備をすることができます。

現金を持っていないと、銀行でも融資をしてくれないのでが現状です。やはり、何も開業費用を本人が貯めていないとなかなか信用として返済は大丈夫かと貸し渋ってしまうことがあると考えられます。

日本政策金融公庫がありますがご存じですか。
新規開業資金というものがあります。
利用できる方は
次のいずれかに該当される方
1.現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
(1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
(2)現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
2.大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
3.技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
4.雇用の創出を伴う事業を始める方
5.1~4のいずれかを満たして事業を始めた方で事業開始後おおむね5年以内の方
の上記を満たしている方が対象になっています。

どこの銀行も融資ができなかった場合に相談してみてはどうでしょうか。

開業するためには、計画的に進めていくことが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ≪大手ならではの安心感!≫レイクで即日キャッシング! All Rights Reserved.