消費者金融の消滅時効で借金返済0へ

消費者金融では消滅時効というものがあります。
この消滅時効とは知っていますか。

消滅時効とは、権利を一定期間実施していない場合は、権利がなくなるという制度です。この権利がなくなるというのは、借金があっても取り立てを一定期間行わない場合は、借金がなくなってしまうということです。これは貸金業者から裁判を起こされたりしていなければ、貸金の返還請求権が時効となって消滅し、支払義務がなくなります。

消滅時効を主張できるのは、長期間借金を返済していない場合や昔の借金を請求された場合、借りた覚えのない借金を請求された場合に主張ができます。
消滅時効があるということを知らない人も多いと思います。これを知らないため支払わなくてもいいも払っていて、払いすぎな人もいたのではないですか。
これは法律が認めた制度なのでしっかり活用していきましょう。

時効の期間は、貸金業者からの借金の時効期間は原則として5年ということです。
貸金業者との間で裁判になり、判決を受けたり、裁判手続の中で和解をしたときは、時効の期間は10年になってしまうことがあります。
ヤミ金融はほとんど年20%以上を超える金利で貸しているところが多いので、催促されても支払う義務はないので安心してください。

自分自身もう5年たっていると思っていても、本当に消滅時効になっているか不安になることがありますよね。
そのときには、弁護士に相談して確認が一番大切だと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 ≪大手ならではの安心感!≫レイクで即日キャッシング! All Rights Reserved.